LINEkei
友だち追加数

kennsaku

パチンコ試し打ちで見るポイント


パチンコ ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑応援して頂ける方はクリックお願いします!!


早速なのですが、前回お伝えしきれなかった

試し打ちをするときに見るポイントをお伝えします。




前回の記事をまだ見ていない方はこちらからご覧ください。

http://pachinko-kei777.jp/?p=1327




ここが見れるようになれば

少ない金額で試し打ちができるようになりますし

回転率の下ムラを判断できるようになっていきますので

ちゃんと全て読んで理解できるようになってくださいね。


LINEでアンケートをくれた読者さんの中にも
理由を添えてお答え頂いた方もいます。


理由をくれた方は


ちゃんと毎回、考えて立ち回っているんだなと凄く嬉しかったです^^

そんな回答で一番多かったのが


「玉の流れを見て判断しています!」


これです!!




試し打ちをするときに重要なのが!


玉の流れ


回転率を見て立ち回るのも物凄く試し打ちでは重要ですが

この回転率と合わせてみなくてはいけないのが玉の動きなのです。

玉の動きを見ることによって現在は回転率が下ムラなのか

この回転率が正解なのかを

正確ではないですが、

判断材料として使えます。




ホールに入って台の釘読みをして
自分で納得してから打ち始めると思います。


ヘソの大きさもあってこれなら打てる!
と思ったのに
あれ!?
理想の回転率に届かない><理想の回転率よりも-5回転も足らない><


まぁ試し打ちしているとこんなことってよくありますよね。


上ムラで回っている時は下がってからやめればいいのですが
下ムラの場合は心配になって追いたくなくなると思います。


でも下ムラのことも考えなくてはいけないので玉の動きを見て判断していきましょう!!


見るポイントはいくつかあります。






1、どのくらいの玉数が道釘に到達しているか。


これは打った玉が道釘にどのくらいの割合で到達しているのかを見てください。
この道釘までの到達が悪ければヘソまで届くチャンスがない玉が多い
ということになりますので、回転率が良くなる確率が低いということになります。


最低60%くらいは到達してくれないと厳しいと思います。






2、玉がヘソ釘まで到達しているか。


これは先ほどまでの道釘到達と同じ感じがしますが
ここでは道釘の軌道を読むことが重要です。


道釘は上に跳ねるような軌道が躍動感があってヘソ釘に到達しやすいです。


逆に転がるようにスピードが速い軌道だとヘソに到達するがヘソ釘を乗り上げることができないと
いうことになってしまいます。


そして1番重要なのが!!!


玉がヘソ釘を乗り上げるかどうかです。


いくらヘソ釘が大きく開いていたとしても
到達するまでにジャンプ釘とヘソ釘の間で
玉が落ちてしまってはスタートチャッカーに玉が入るチャンスはないです。


スタートチャッカーにちゃんと拾われるには
ヘソ釘を玉がちゃんと乗り越えて上で跳ねる感じではないと厳しいという事です。


もっというと右に流れた玉がちゃんとヘソ釘に戻ってくる台はもっといいですね。


ざっくりお伝えしましたが
これが見れるようになれば
大きくヘソ釘が開いていて試し打ちをして
理想の回転率に達していない時には
下ムラなのかを判断できるようになります。


これは経験がかなり物をいいますが
知っているのと知らないのとでは
かなり差がありますので
しっかり頭の中でインプットしてください。


独自で考えた立ち回りなので
参考にしてもらえたらと思います!!


では



★当ブログは現在、ブログランキングに参加中★  

ランキングを10位以内に入れるように頑張っております。

あなたの清き1票がけいのやる気を沸き立てます。

これからも有力情報を流せる様、あなたの応援クリックを!!

 

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック

→ ブログランキングへの応援はこちらをクリック


 

パチプロ極秘対談動画をメルマガ読者限定でプレゼント中

watasu

現役パチプロが語る真の攻略法を全て伝授!

サラリーマン読者が+20万達成したプロ直伝の立ち回りとは!?

パチンコを本気で勝ちたいなら、まずは登録!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ